スリムサイズ二段ベッド【レビュー】

スリムサイズ二段ベッド【レビュー】 インテリアアイテムの紹介
子供部屋が狭い…

と悩んではいませんか?

今回は約4畳の子供部屋に「兄弟+ママ」の3人で寝ているファミリーを紹介します。

コンパクトな二段ベッドと、ママの愛情によって完成!

レビューに加え、実際のお写真も送ってくれました!

都内在住のファミリーをご紹介

★★★★★ by LINEN様(東京都)2021/01/05

我が家は東京の狭小住宅で、子供部屋は4畳程度しかありません。
小学3年生と5年生の兄弟、そろそろ自分のスペースがほしいと一昨年から2段ベッドに思いを馳せていました。
部屋のサイズを徹底的に測り、最終的に一番しっくりきたのが御社の「スリムサイズ二段ベッド」でした。
組み立ては家族4人でやり、ゴミの撤収まで合わせ3時間ほどで組み上げることができました。
作りもしっかりしていて、塗装も綺麗でした。
梯子は固定タイプなので導線の邪魔になりません。
購入して本当によかったです。

レビュー記事も書いてくれました!
↓ ありがとうございます!

『待望の2段ベッドがやってきた!』
夢が叶いました。大袈裟ですが、この2段ベッド構想は2年前から想い描き続けて...

今回レビューをお寄せいただいたのは、都内に住むニックネーム:LINEN様。

小学5年生と小学3年生のお子様をもつ、4人家族です。

東京の狭小住宅にお住いのため、子供部屋は約4畳。

子供たちも成長とともに「自分のスペースがほしい」と思い始めたようで、なんと一昨年から二段ベッドの計画を立てていたようです。

狭いお部屋だからこその緻密な計算

狭いお部屋に子供二人の寝床を作るには、やっぱり二段ベッドしかありません。

とは言え、二段ベッドってかなり大きいですし、高さもありますし、簡単にポンッとは買えませんよね。

本来は、狭いお部屋にこそ二段ベッドではありますが、やはり窓やドアの位置、お部屋の形状、置きたい家具、お部屋の動線…などなど、考えることはたくさん出てきます。

今回紹介するLINEN様には、本当に驚かされました。

何と250分の1スケールで図面を描き、扉、クローゼット、窓、現状ある収納棚との位置関係をみっちり検討されたようなんですね。

これ本当にすごいですよね。

ぼく自身、インテリアコーディネーターとして、この作業がどれほど大変かよく分かります。

きっとお子様への愛情が突き動かしてくれたのだと思います。

もっと大変な「探す」という作業

我が家にピッタリな二段ベッドがどのようなものかをじっくり検討し

このような二段ベッドが最適!

というサイズ感が見つかったとしても、実はそこからはもっと大変な作業が待っています。

それは

条件に合う二段ベッドを探すこと

です。

これもぼくは日常的に行っていることですが、本当に大変なんですよ。

サイズを入力すれば一気に絞り込まれるようなものではないので、一つ一つしらみつぶしに探していくしかありません。

しかもぼくは仕事柄、自分のお店、もしくは自分のお店で取り扱えるものから探しますが、おそらくLINEN様は全ショップが対象だったはず。

その中から好みの条件に合う二段ベッドを探すのは、かなり大変だったと思います。

最終的に当店の「スリムサイズ二段ベッド」が抜擢!

最終的に当店の「スリムサイズ二段ベッド」が抜擢!

きっといろいろ迷われたと思いますが、最終的に当店の「スリムサイズ二段ベッド」が選ばれることに!

薄型抗菌国産ポケットコイルマットレス付き サイドガード:フルガード カラー:ホワイト スリムサイズ二段ベッド-インテリア王国
購入した人のレビュー ★★★★★ by LINEN様...

こちらの二段ベッドはコンパクトなサイズ感が魅力で、寸法が一番の決め手になったのだと思います。

二段ベッド時の寸法:幅85cm×長さ220cm×高さ160cm

長さ・高さ自体はさほど珍しいものではありませんが、幅85cmというスリムさが最大の特徴です。

お部屋の形や動線・他の家具類の配置など、長さではなく幅をコンパクトにするのが最もお部屋を使いやすいというご判断だったのでしょう。

理由は、二段ベッドの横にママも寝ていると教えてくれたからです。

「2段ベッドを置いても、横にもう1人寝られる」

というのも、条件の一つだったようです。

長さが短くても、きっとママの寝るスペースはできなかったと思います。

それよりも、幅をスリムにすることで家族がハッピーになれるという「目的が明確だった」からこその選択ですよね。

素晴らしいです!

「そこで暮らす家族がどうすれば幸せになれるのか」ということを土台にインテリアをデザインするのが、インテリアコーディネーターの基本だと思います。

ぼくも改めて再確認させられました。

ベッド下の収納も決め手の一つ

ベッド下の収納も決め手の一つ

「スリムサイズ二段ベッド」には、ベッド下に2杯の引き出しが付いています。

そちらも決め手の一つだったと教えていただきました。

ぼくも小さな子供がいるのでよ~く分かりますが、子供がいると収納はどれだけあってもいいくらい助かりますよね。

特に子供部屋の収納は、自分たちで片付ける習慣が身につくと思います。

しかもちょうど2杯あるので、ケンカになることもありませんよね。

引き出しは奥行きがありすぎると使いにくいので、実は引き出しの奥にもスペースが空いています。

もちろん収納ケースを入れて、しっかりご活用されているようです。

ローラー付きで出し入れもしやすいとのこと

専用の引き出しなので、ピッタリ収まっていますね。

ハシゴが邪魔にならない

ハシゴは垂直タイプ。

斜め掛けと垂直タイプの二種類が一般的ですが、次のようなメリット・デメリットがあります。

垂直 斜め
メリット 邪魔にならない 昇降がしやすい
デメリット 昇降がしにくい 邪魔になりやすい

お子様はどちらも男の子ということで、昇降のしにくさはほぼないと思うので、邪魔にならないというメリットが存分に活きていると思います。

棚が豊富!

棚が豊富!

ベッドの脚全体が棚のようなデザインになっているので、片付けはもちろん、飾り棚としても使うことができます。

大好きなゾイドワイルドを飾っておられるようで、本当に嬉しいお写真です。

好きなものに囲まれる喜びは、大人も子供も同じですね!

まとめ

【実際のお店のレビュー】

店長様のお人柄も素晴らしく、ホームページにある「当店の成り立ち」も心に響きました。

お客様に喜んでもらうことが、ぼく自身も一番の喜びなので、お写真付きのレビューは本当に嬉しかったです!

LINEN様、本当にありがとうございました!

「スリムサイズ二段ベッド」は、4畳のお部屋に置くことができます!

子供部屋が狭いとお悩みの方は、ぜひご検討ください!

ベッドフレームのみ サイドガード:スタンダード カラー:ホワイト スリムサイズ二段ベッド

タイトルとURLをコピーしました