ベッド

インテリアコーディネート

ホテルライクな寝室【作り方&やっちゃダメな例】

ホテルライクな寝室にしたいけど、どうすればいいの…?という方は必見!インテリアコーディネーターが5つのポイントについて動画と画像で解説します!寝室を単に寝るだけのお部屋にしてしまうのはもったいない!ホテルライクな雰囲気にするコツを紹介します!
インテリアアイテムの紹介

スリムサイズ二段ベッド【レビュー】

インテリア王国で「スリムサイズ二段ベッド」をお買い上げいただいたお客様のお喜びの声を掲載しています!狭小住宅で子供部屋が狭い…というファミリーは必見です!
インテリアコーディネート

二段ベッドの色で雰囲気はどう変わる…?【5色で比較】

二段ベッドの色選びで悩んではいませんか?このページでは、インテリアコーディネーターが制作したパース図にて5色の雰囲気を比較!おしゃれな子供部屋づくりに悩んでいる人は必見ですよ!
家具の選び方・おすすめ

二段ベッドを11の視点で比較してみた

どんな二段ベッドだと我が家に合うかな…と悩んではいませんか?このページでは、二段ベッドを選ぶ際に考慮すべき11のポイントを理由とともに紹介し、10種類で比較・検討!どれにしようか悩んでいる人は必見ですよ!
ショップからのお知らせ

【LINE無料相談】収納・ライト付き多機能2段ベッドの連結部分について

「収納・ライト付き多機能2段ベッド」の上下の連結部分について、メーカーより画像と説明をいただきましたのでお知らせいたします。2段ベッドのコネクション部分は重要な箇所のため、よくご確認ください。
家具の選び方・おすすめ

連結ベッドのタイプ別おすすめ12選&サイズの選び方ガイド

フレーム同士が離れないよう連結ベッドにしたいけど、どんなタイプがいいかな…という悩みはありませんか?ここではインテリアコーディネーターがおすすめする12の連結ベッドをシーンごとに紹介!使いやすいサイズ感に関しても合わせて掲載していますよ!
家具の選び方・おすすめ

布団干し可能なすのこベッド【おすすめ厳選5つ】

室内で布団が干せる「すのこベッド」を探してはいませんか?布団干し機能付いていれば、雨の日も花粉の時期も、マンションの高層階でも、いつでもどこでも手軽に干すことができます!そこで「布団干し機能付きすのこベッド」のおすすめを5つ紹介しています!
家具の選び方・おすすめ

【ファミリー向け】連結できるマットレス3選

小さな子供のいるファミリー向けのマットレスを探してはいませんか?このページでは、家族みんなで寝られる連結バンド付きのマットレスを3タイプ紹介!家族の寝床に悩んでいる人は必見です!
家具の選び方・おすすめ

【簡単】失敗しないベッドフレームの選び方

どんなベッドフレームがいいかな…と悩んではいませんか?このページではインテリアコーディネーター兼インテリアショップ店長が、種類やサイズなどあなたに最適なフレームの選び方を伝授!これからベッドを買う予定の人は必見です!
インテリアコーディネート

二段ベッドで実現するおしゃれな子供部屋作り【17の実例付き】

子供部屋に二段ベッドを置きたいけど、おしゃれな雰囲気になるかな…と考えてはいませんか?このページでは、インテリアコーディネーターが実例をもとに、おしゃれになるポイントを解説しています。二段ベッドのインテリアに悩んでいる人は必見です!
家具の選び方・おすすめ

特徴別のロータイプ二段ベッド 6選【低いだけじゃない!】

ロータイプの二段ベッドを探してはいませんか?このページでは、特徴別にどんな人に合うのかをインテリアコーディネーターが解説!どんな「ロータイプの二段ベッド」が合うのかが分かります!低いタイプの二段ベッドを探している人は必見です!
家具の選び方・おすすめ

4畳半に置ける二段ベッド!コンパクトなマンションサイズ4選

コンパクトな二段ベッドを探してはいませんか?このページでは4畳半にも置ける小さめの二段ベッドを厳選して4つ紹介!狭い子供部屋を少しでも広く使いたい…という人は必見です。
インテリアコーディネート

モノトーンな寝室を”おしゃれに”実現【おすすめ21アイテム&8枚の実例】

どうすればオシャレなモノトーンの寝室にすることができるかな…と悩んではいませんか?この記事では、インテリアコーディネーターによるおしゃれなモノトーン風の寝室づくりのポイントと、使えるアイテムを21個紹介!コーディネートに悩んでいる人は必見です!
家具の選び方・おすすめ

【ちょっといい脚付きマットレス】寝心地重視の選び方&2021年おすすめ10選

どんな脚付きマットレスにしようか悩んではいないでしょうか。この記事では「ちょっといい脚付きマットレス」に焦点を当てて、選び方やおすすめを紹介!低価格路線とは一味違う上質な寝心地と、すっきりシンプルなデザイン性を両立できます!脚付きマットレスを検討している人は、ぜひ参考にしてください!
家具の選び方・おすすめ

【2021年】すのこベッドおすすめ20選&失敗しない選び方ガイド

カビが心配だから「すのこベッド」にしたいけど、どんなタイプがいいのかな…と悩んではいませんか?この記事では、インテリアコーディネーターによる上手な選び方とシーンごとのおすすめを紹介しています!すのこベッドを検討している人は必見です!
インテリア情報・豆知識

冬ベッドが寒い2つの理由と手軽にできる9つの寒さ対策

ベッド周りがなんとなく寒い…という悩みはないでしょうか。毛布を掛けても掛布団を重ねてもヒンヤリする、そんな時はベッドの下が寒い可能性も。カビに強く通気性の高いすのこベッドほど実は寒いもの。そこでここでは冬を乗り切る対策を紹介しています。
インテリア情報・豆知識

捨てやすいベッド4つの特徴【小さく分解できるベッドがおすすめ】

短い期間だけ使うベッドなら、価格はもちろん、物理的にも捨てやすいほうがおすすめ。大きな家具なので、少しでも工夫して処分するときに困らないようにしたいところですよね。そこで捨てやすいベッドの特徴と、実際に処分するときのポイントを紹介しています。
インテリア情報・豆知識

【子供ベッドのダニ対策】3つのアイテムの合わせ技がおすすめ

子供が明け方に咳が止まらなくて悩んでいる場合、原因は「ダニ」かも…。ベッド周りをアレルギーにやさしい環境に整えてあげることが大事で、ダニ・カビ・ハウスダストを減らすとともに、それらの影響が少ない寝床にしてあげよう!
インテリアコーディネート

【黒いベッド】テイスト別に雰囲気が分かる画像12枚

黒いベッドだとお部屋はどんな雰囲気になるかな…という疑問はないでしょうか。大きな家具だけに、色選びには気を付けたいところですよね。そこで、黒いベッドの画像をテイスト別に紹介!好みのスタイルが見つかります!
インテリア情報・豆知識

【シングルかセミダブルか…】どっちにすべきか悩んだ人への解決策

一人暮らしをするにあたり、ベッドのサイズを「シングル・セミダブルどっちにしよう…」と考えている人も多いはず。そこで2つの視点から合う人・合わない人を紹介。予算やスペースだけじゃなく、あなたの環境に合わせることも大事になりますよ。
インテリア情報・豆知識

【ベッドと壁の隙間】理想的な配置&困った時に「何とかする」4つのアイデア

ベッドと壁の隙間をどにかしたい…と悩んではいないでしょうか。デッドスペースになっていたり、添い寝で赤ちゃんが落ちそうになったり、なかなか厄介ですよね。そこで、理想的なベッドの配置と、困った時のアイデアを紹介します。
インテリア情報・豆知識

【簡単】セミシングルベッドが合う人・合わない人

セミシングルベッドにしたいけど寝心地が気になる…と悩んではいないでしょうか。サイズ感が合えば、省スペースに置けるメリットが大きくなるため、まずはあなたの体型に合うかどうかを考えるのがポイント。ここではセミシングルが合う人・合わない人を紹介しています。
インテリア情報・豆知識

【100kgさんOK】体重が重い人のベッド選びとおすすめフレーム&マットレス

体重が重い人はどんなベッドがいいのだろう…という悩みはないでしょうか。フレームもマットレスも平均的な体型を想定して作られているため、体格のいい人はしっかり精査したいところ。ここでは、100kgくらいの大柄な人のベッド選びのポイントと、おすすめを紹介しています。
インテリア情報・豆知識

丈の短いショートベッド 適正身長とメリット・デメリット

お部屋が狭いからショートベッドにしたいけど、寝心地悪くなるかな…?という疑問はないでしょうか。身長によって合う・合わないが決まってきますが、他にもメリットやデメリットがあるので、総合的な視点で考えるのがポイントですよ。
家具の選び方・おすすめ

ベッドの長さが足りない…長身男性向けロングサイズ3選+ひと工夫

ベッドから足が出て寝にくい…と悩んではいないでしょうか。長身男性は、足が出て冷えてしまったり、くの字になって寝たり、質のいい睡眠がしにくいものですよね。そこで、身長の高い人が快適に眠ることができるアイデアを紹介します。
インテリア情報・豆知識

【布団が収納できるベッド】選ぶポイントとおすすめ3選+1

クローゼットしかないから布団が収納できない…という悩みはないでしょうか。クローゼットは奥行きがないので、押入れのように布団を収納することができません。そこでオススメなのが、布団が収納できるベッドです。
インテリア情報・豆知識

フロアタイプのローベッドで赤ちゃん安全!コスパ最強ファミリーベッド紹介

ローベッドにすれば赤ちゃんには安心だけど、使い勝手はどうなの…?と疑問に思っている人も多いはず。床に敷き布団を敷いたり、ベッドガードを付けたり、他にも方法があるのでどうしようか迷ってしまいますよね。そこで3つの寝方のメリット・デメリットを比較!さらに6万円で家族みんなの「安全・寝心地・使い勝手」が揃う最強コスパベッドも紹介しています!
インテリア情報・豆知識

【ローベッドとは…?】フロアベッドとの違いを画像で比較

ローベッドとフロアベッドの違いって何…?と思ったことないでしょうか。低いというのは想像できても、名前が違うなら特徴も違うし、メリット・デメリットも変わってきますよね。そこで、画像を使って両者の違いを紹介し、特徴や向いてる人・向いてない人を表にまとめてみました。
家具の選び方・おすすめ

【ベッドのおすすめ】2021年最新版まとめ&選び方の基本

【インテリアコーディネーター監修】「ベッドのおすすめ」まとめ。シーン別に紹介しているので、メリット・デメリットとともにあなたにピッタリなベッドが分かります!さらに基本的な選び方も合わせて紹介!これからベッドを買う予定の人は必見です!
家具の選び方・おすすめ

コスパ抜群の収納付きベッド おすすめ6モデル&選び方のコツ

インテリアコーディネーターによる収納ベッドおすすめ6選と、お部屋や片付ける物に合う最適な収納タイプの選び方を紹介!大容量収納なら、クローゼット一つ分くらいの働きを見せてくれるため、お部屋がスッキリ広々しますよ!
インテリア情報・豆知識

折りたたみベッドの8つのメリット・デメリット【まとめ】

折りたたみベッドのメリットとデメリットを詳しく紹介!デメリットに対しては対応策も合わせて掲載しています!主に「狭い部屋を広く使いたい人」や「来客用にコンパクトにベッドを用意しておきたい人」に使いやすく、上手く利用できれば据え置きベッドよりも快適に過ごすことができますよ!
家具の選び方・おすすめ

【2021年版】折りたたみベッドのおすすめ6選&失敗しない選び方

シーン別の折りたたみベッドのおすすめを、インテリアコーディネーターが厳選して6つ紹介!また「自分用」「来客用」に分けて選び方も掲載しているので、あなたにピッタリの折りたたみベッドを見つけることができます!
インテリア情報・豆知識

【夫婦で二段ベッド】大人が使うときの3つの要注意ポイント

夫婦で二段ベッドを使っても大丈夫かな…という疑問はありませんか?基本は子供向きかもしれませんが、ポイントを抑えれば大人用としても使えます!主寝室が狭いから二段ベッドを検討したいという人は必見です!
家具の選び方・おすすめ

女性向けロフトベッド 可愛い3タイプを比較【21枚の実例あり】

【インテリアコーディネーター監修】可愛いロフトベッド3つを比較!白が選べて、洋服がかけやすく、高さが選べて、価格抑えめで…と絞っていくと3つしか残りませんでした。さらに、お部屋全体も可愛く仕上げるため、21枚の実例を紹介!ぜひ参考にしてください!
インテリア情報・豆知識

ロフトベッドの14コのデメリットと改善するための賢い方法

ロフトベッドのデメリットと改善ポイントを紹介。良い点と悪い点をしっかり把握することで、買ってから後悔することがなくなります。合わせて改善点も紹介しているので、メリットを活かして使うことができるようになります。特殊な形だけに、意外と気付いていないポイントもあるはずですよ。
インテリア情報・豆知識

机付きロフトベッドを中学生の子供の勉強机にするポイント

子供部屋が狭いなら、机付きロフトベッドを勉強机にするのがおすすめ!ベッドのスペースだけで、机も置くことができます。ただ、長く使ってもらえるよう、選ぶ際にはいくつか注意点も。メリット・デメリットも表で比較しています。
インテリア情報・豆知識

【ロフトベッド×大人用】を選ぶ際の5つの注意点とおすすめ5選

【インテリアコーディネーター監修】大人用のロフトベッドを選ぶ際の注意点を、23枚の画像とともにとことん解説!気を付けるべきは、体重や耐荷重だけではありません。体型以外にも「大人が使うこと」を意識すると、使いやすいロフトベッドを選ぶことができます!
インテリア情報・豆知識

【ロフトベッド×セミダブル】狭い部屋で広く寝る6つのポイント

セミダブルの大きなロフトベッドを置く際の注意点を、インテリアコーディネーターが徹底解説!狭い部屋でも広い寝床にするためのコツと、耐荷重や頑丈さなど気になる悩みをしっかり解消!そもそも自分にセミダブルのロフトベッドが合っているのか、合うならどういう基準で選べばいいのか、が簡単に分かります!
家具の選び方・おすすめ

【2021年】ロフトベッド おすすめ11選+合わせやすいマットレス

【インテリアコーディネーター監修】お部屋が狭いからロフトベッドにしたいけど、どんなタイプがいいか迷ってはいないでしょうか。使い方や形が特殊なだけに、いかに自分に合うものを選ぶことができるかが、使い勝手に大きく影響します。ここでは、インテリアコーディネーター&使用経験者によるおすすめと選び方を紹介しています。
家具の選び方・おすすめ

同棲カップルのベッド サイズの選び方とおすすめ2つ

同棲カップルのベッドは、サイズ選びが一番重要。シングルを2台並べて別々にするか、それともダブル一台にするか。どのみち先が不透明になりがちな同棲さんの場合は、高価なタイプは向いていません。ダブルでも安いおすすめベッド・隙間なく並ぶ格安ベッドも合わせて紹介しています。
インテリア情報・豆知識

ベッドか布団か…どっちがいいかメリット・デメリットを比較してみた

布団で床に寝るのとベッドで寝るのは一体どっちがいいのでしょうか…。今の寝床に不満を感じている人は、特に気になりますよね。そこでこのページでは、布団寝とベッドを比較してメリット・デメリットを紹介。また「健康面」「一人暮らし」「赤ちゃんの添い寝」という3つのシーンでどちらにすべきかを決めるポイントも紹介しています。
インテリア情報・豆知識

セミダブルに二人で寝るときの注意点と快眠するための3つのポイント

セミダブルに二人で寝ると、かなり狭い。もともと一人用のベッドなので、ふたりで寝るとなると相応の注意点が出てきます。でもポイントを抑えれば、場合によってはメリットが活きてきます。このページでは、セミダブルで快眠するポイントを紹介しています。
インテリア情報・豆知識

ベッドのサイズ一覧表【6畳の間取り図でサイズ感を紹介】

【インテリアコーディネーター監修】ベッドのサイズは、寝やすさはもちろん、お部屋のスペースもいっしょに考える必要がありますよね。そこでこのページでは、総合的にベッドの大きさが決められるよう一覧表や各サイズの詳細、6畳に置いた時のサイズ感などを紹介しています!
インテリア情報・豆知識

ベッドやマットレスのカビ取りに最適なアイテム&賢い5つの対策

ベッド本体やマットレスの裏側にカビが生えてしまい困ってはいないでしょうか。そういう時は何より黒いポツポツを除去するのが先決。ベッド周りに使いやすいカビ取りスプレーや、再びやられないようにする上手なポイントを紹介しています!
インテリア情報・豆知識

収納付きベッドは湿気に注意!必ず実践すべき5つのカビ対策

収納付きベッドは湿気がこもりやすい構造。でもそれ以上に、お部屋をスッキリ整理できる魅力的な機能があるので、できれば通気性を改善しつつ使いたいところですよね。そこでインテリアコーディネーターによる、収納付きベッドの湿気対策とカビにくいタイプの選び方を紹介!デメリットを解消すれば、当然メリットばかりの使いやすいベッドになりますよ!
インテリア情報・豆知識

ベッド・マットレスの湿気対策【ベッド下の除湿がポイント!】

ベッド周りの具体的な3つの湿気対策を、インテリアコーディネーターが紹介!ジメジメした気持ち悪い睡眠環境から抜け出すポイントに加え、どんな形状だと通気性が良くカビや湿気に強いベッドなのかを解説しています!特にベッド下の除湿がポイント!サラッと気持ちよく快眠できるようになります!
インテリア情報・豆知識

納得!脚付きマットレスのメリットとデメリット&カビの生えない使い方

「脚付きマットレス」にしようか悩んではいないでしょうか。コンパクトでスッキリしたデザインなので、特にスペースの少ない寝室には最適な選択。でもどんなベッドにも必ずデメリットはあるもの。知らずに購入してしまうと、あとで「カビが…」なんていう可能性も。そこでこのページでは、脚付きマットレスのメリット・デメリットを紹介しています。
家具の選び方・おすすめ

【プロ厳選】畳ベッドのおすすめ11選と後悔しない選び方3つのポイント

【インテリアコーディネーター監修】おしゃれな畳ベッドを厳選して紹介!タイプ別・シーン別に最適な選び方ができるよう大きく3つに分類し、どんな畳ベッドがおすすめか分かりやすく掲載しています!布団の硬さが好きな人には、畳ベッドはメリットがいっぱいですよ!
インテリア情報・豆知識

畳ベッドのメリット・デメリット【シンプル解説】

【インテリアコーディネーター監修】畳ベッドが自分に向いているか悩んではいないでしょうか。あまり多く普及されてないので、どのようなメリット・デメリットがあるのかわかりにくいですよね。そこでこのページでは、畳ベッドのメリットとデメリットを考え、どのような人に向いてるのかを紹介しています。
インテリア情報・豆知識

ベッドの耐荷重の目安と6つの注意すべきシーン

ベッドの耐荷重で悩んではいないでしょうか。基準以下で使うのが望ましいのは明白ですが、それをオーバーしてしまうことは多々ありますよね。「壊れちゃうだろうか…」と心配になると思いますが、そもそもベッドの耐荷重とはいったいどのような数値なのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました