白い家具の部屋をオシャレにするたった一つのポイント

白い家具の部屋をオシャレにするたった一つのポイント インテリアコーディネート
白い家具ばかりにしたら味気ないお部屋になるかな…

と疑問に感じてはいませんか?
明るく清潔感のある色ですが、無彩色のため、気を付けないと単調な雰囲気になりがちです。

そこで、白い家具メインのおしゃれなインテリアのポイントを紹介します。

IC×店長 広島
IC×店長 広島

インテリアコーディネーター兼ショップ店長が監修してます!

白い家具ばかりでも問題なし!

白い家具の部屋

↑ ぼくが作成した、白い家具メインでアクセントにピンクを入れた、女性が喜びそうなリビングのパース図です。

もちろん好みではありますが、白い家具ばかりでも全然ありですよね。
問題は

アクセントのない白いお部屋

で、そうなってしまうとメリハリのない単調な雰囲気になってしまいます。

白を中心にするメリット・デメリット

白・アイボリー・グレーといった明るい無彩色を中心にインテリアを整えることで、

  • お部屋が広く感じる
  • 明るくなる
  • 清潔感がある

といったメリットがあります。
日中はもちろん、カーテンを閉めた夜でも圧迫感を感じることが減るはずです。

ただ、色による表情や感情を表現できないため、よく言えばシンプルですが、悪く言えば味気なく単調な印象に。

特にフローリングも白系の場合は、単純に白い家具ばかり集めてしまうとメリハリがまるでなくなり、お部屋が変なイメージになってしまうので要注意です。

白系の床・白い家具の部屋

↑ モノトーン風なインテリアにするのはありですが、その場合はもう少し色のバランスを考えたほうが良さそうです。

ワンポイントのアクセントを付けよう

床がブラウン系だとしても、白い家具メインの場合は有彩色でワンポイントのアクセントを付けるといい感じにまとまります。

上では女性向けの雰囲気を紹介しましたが、アクセントはクッションだけですよね。

それでもグッとおしゃれになり、テイストの方向性(この場合は少し可愛い系)もパッと見で分かります。

白い家具の部屋・無彩色のアクセント

↑ クッションも無彩色にするとこんな雰囲気。
変ではありませんが、無表情というか、個人的には少し物足りない印象を受けます。

白い家具の部屋・グリーンのアクセント

↑ たったクッション一つでも有彩色を入れることで、ナチュラルな雰囲気とか、エレガントな雰囲気とか、表情が出ます。

白い家具を置くことで

モノトーン風にしたい

のか、それとも

明るく爽やかな雰囲気にしたい

のかを予めイメージしておこう。
前者の場合は無彩色のクッションもありですが、後者の場合は有彩色のクッションがよく似合いますよ。

参考にした家具

パース図を作成するのに、イメージにした家具を紹介します。
図のようなお部屋にするときの参考にしてください。

1.シンプルデザインのカウチソファ

シンプルデザインのカウチソファ

すっきりした脚付きデザインのカウチソファ。
マンションやアパートにも置きやすいコンパクトなサイズ感です。

シルバーの脚がとってもオシャレですよ。

シンプルデザインのカウチソファ

2.どっしり安定感のある白いテレビボード

どっしり安定感のある白いテレビボード

大きなテレビを乗せても安定感のある、どっしりとしたデザインのテレビボード。
視覚的にも安心感があり、くつろげるリビングを演出してくれます。

ホワイトカラーだと重々しい印象もなく、すっきり置くことができますよ。

どっしり安定感のある白いテレビボード

3.さりげないチェック柄が素敵なキルトラグ

さりげないチェック柄が素敵なキルトラグ

無地ながらキルトデザインの模様が入った、使いやすい薄手のラグ。
白い家具のお部屋でも単調にならず、ちょっとしたアクセントになります。

お掃除のしやすい毛足の短いタイプのラグです。

さりげないチェック柄が素敵なキルトラグ

4.20色から選べる無地の遮光カーテン

20色から選べる無地の遮光カーテン

無地のシンプルなデザインで、遮光機能付きの厚手のカーテンです。
幅は3サイズですが長さを細かくオーダーでき、ピッタリなサイズ感に合わせることができます。

防炎機能も付いているので、高層マンションにもおすすめですよ。

20色から選べる無地の遮光カーテン

5.明るい色味の省スペースデスク

明るい色味の省スペースデスク

明るいナチュラルカラーとホワイトのコンビがおしゃれな、小さめデスク。
テレワークのスペースにも最適です。

リビングに置いてもインテリアの邪魔をしない、スッキリしたデザインですよ。

明るい色味の省スペースデスク

6.コンパクトな白いサイドテーブル

コンパクトな白いサイドテーブル

わずか17cm幅の非常にコンパクトなサイドテーブル。
コンセント付きで、ちょっとした棚にもなり、スペースをとらずにグッと快適なお部屋になります。

小物も片付いて、ソファ周りがスッキリ整理されますよ。

コンパクトな白いサイドテーブル

まとめ

白い家具を中心にすることで、お部屋が明るく爽やかな雰囲気になります。
ワンポイントのアクセントを入れるなど、ちょっとした工夫でグッとおしゃれになるので、小物は好みの色を積極的に取り入れるようにしよう。

タイトルとURLをコピーしました